©2019 Saco Yasuma

ABOUT

Saco

Composer, lyricist, singer, keyboardist, percussionist, Saco’s musical experience is wide. She studied Classical piano as a child, but started searching for more freedom in music when she was in her teens. She played in Rock, Reggae & Funk bands in Tokyo. She continued her musical journey as a saxophonist when she came to NY in 1989, and played Afro-Cuban, Brazilian, Jazz, and free improvisational music. She has collaborated with dancers, visual artists, film makers, poets and other performing artists.  As a saxophonist, she played with many stellar musicians, such as Billy Bang, Roy Campbell, Jr., Steve Swell, Jason Kao Hwang, Sheila Jordan, just to name a few, while presenting original compositions in her own ensembles. She released the album, “Another Rain” in 2007. In 2009, she had to quit playing saxophone which she had played for 20 years because of a neck injury. It gave her a big opportunity to transform. For a while, she organized art shows, workshops, and film screenings for the community, besides teaching music to special needs students. Years later, while walking in the snow, all of sudden, she heard lyrics with a melody. We humans are a part of nature; nature is a miracle and we, as a part of nature, are also wondrous. We have a deep relationship with music; music soothes us and heals us, easily connecting people with each other. Saco wants to experience these wonderful things together with many people.  So, she resumed her musical journey as a singer-song writer.  Now, she is pursuing her dream to make one big musical community with people all over the world.

The album AS IT IS is Beautiful was released in the summer 2018, features songs in Japanese and English. Since Saco loves the nuance, sound and vibration of Japanese, which is her native language, she writes and sings in Japanese. Listeners will experience feeling the vibration of the language, while the songs are interpreted in English poetic narratives.

Saco is also one of the founders of the unique sound community in NYC, ONE NOTE ONE SPIRIT.

For bookings and inquiry: sacoyasuma@msn.com

 

Links:

www.onenoteonespirit.com

Photo: Kunio Imamura

音が人と人をつなげる

ニューヨーク在住の作曲家、作詞家、キーボード奏者、パーカッション奏者のサコ・ヤスマはパフォーマーとして様々なジャンルでの経験を積んできました。7歳ごろからクラシックピアノを習い始めましたが、10代半ばごろから、自由さを求め、ロック、レゲエ、ファンクなどに興味をもち、そのうち東京のライブハウスなどでキーボードを演奏するようになります。1989年にニューヨークに来た頃からサックスを吹き始め、アフロキューバン、ボサノバ、ジャズ、アバンギャルドなどグループで演奏し、ダンサー、アーティスト、詩人、フィルムメーカーなど数々の分野の芸術家たちとのコラボレーションも活発に行ってきました。サックス奏者としては、いくつもの自身のアンサンブルを率いり自作の作品を公演する傍ら、ビリー・バング、ロイ・キャンベル、スティーブ・スウェル、ジェイソン・ワン、シェーラ・ジョーダンなどのミュージシャンと共演し、2007年には”アナザー・レイン”というアルバムを発表しています。 2009年に首の故障のためにサックスの演奏を中断し、自閉症などの子供たちに音楽を教える傍ら、小規模ながらもコミュニティーにかかわる奉仕活動などを中心の時期を過ごします。そんなある日雪の降る中を歩いていると、突然歌詞がメロディーに乗って湧いてきて、それ以来自作の歌をピアノで弾き語りを始めるようになります。人も自然の一部だということ、自然は素晴らしく、その一部である私たちも素晴らしいということ、音と私たちはとても深い関わり合いがあり、音が私たちを癒してくれること、音で私たちがつながることができること、などをみんなと一緒に確かめ合いながら、楽しみながら時間を過ごすことができたら、という気持ちで音楽活動を再開しました。

 

2018年夏に発表されたアルバム「ありのままは美しい」は、日本語での唄と英語の語りの入ったバイリンガルの作品です。日本語の優しい響きを感じながら、英語での解説が叙情的な詩の朗読として音楽の中に織り込まれ、アーティストの想いと日本語の響きを、より広くの方とシェアしたいという思いで作られています。そして、出来るだけたくさんの人と音でつながるために世界を駆け巡りたい、という希望を抱いています。

 

ニューヨークを基盤に活動している一音一会の創始者のひとりでもあり、自身の活動と並行して、ときには会とのコラボもして、みんなで一緒に音を楽しむことに情熱を燃やしています。

 

リンク:

www.onenoteonespirit.com

 

ブッキングはこちらへ:

sacoyasuma@msn.com

  • Facebook - White Circle
  • White Instagram Icon